サックスレッスン詳細


■サックスレッスン担当

菅野浩 (すがの ひろし)


音楽理論講座 中学入学と同時にブラスバンドでAlto Saxを始める。
明治大学を卒業後、ライブやストリートでの演奏を中心に活動。
一時期Paul Desmond(as)に強く影響される。
様々なミュージシャンらと共演・セッションに参加。
これまでにレギュラーとして参加したバンドは、「Yellow Card Orchestra」「TOKU グループ」「内堀勝 & Big “LUSH” Band」、「辰巳哲也Bay Area Jazz Ensemble」、「羽毛田耕士 Big Band」、 「三塚知貴&Burnin’ Notes Jazz Orchestra」、「三宅裕司&Light Joke Jazz Orchestra」、「Rhizome~PlayTheBeatles」などがある。
その間、小林陽一、大野雄二、内堀勝、宇崎竜童、小沼ようすけ、菅野義孝、菊丘ひろみ、黒船レディと銀星楽団などのCDに参加。

現在、小編成から大編成まで活動の幅は広く、自己のバンド「Totem Pole」「Alto Talks」の他、「in's」「映研」「Gentle Forest Jazz Band」などのバンドでも活動中。
毎週月曜日は、横浜ロイヤルパークホテルのスカイラウンジ「SIRIUS」に自己のバンド「Totem Pole」で出演中。

2010年、初リーダーアルバム「Emily」発売。
2011年、自己のバンド「トーテムポール」でNHK-FM「Session2011」出演。
2011年10月、宮野裕司&菅野浩が双頭リーダーのバンドで、「ALTO TALKS」CD・LP同時発売。
2012年、同バンド「altalk(現・Alto Talks)」でNHK-FM「Session2012」出演。
2013年1月、新国立劇場において日本初演となったバレエ作品「テイクファイブ」(振付:D.Bintley氏)ではDave Brubeck Quartetの名曲を披露。
2014年8月、「LANDMARK BLUE ~ぼくたちのララバイ~」をリリース。
2015年11月、“Alto Talks”2nd Album「Alto Talks With String Sextet」をリリース。

 

 

※テナーサックスのレッスンの場合も、菅野講師はアルトサックスを用いてレッスンをいたします。


コース選択について


入会された方はまず、0回目のレッスンとして、ヒアリング・レッスン計画を受講頂きます。

0回目のレッスンを受講後に講師と相談の上、1回目のレッスンからのコースレベルをお選び頂きます。

コースレベルには、 初心者コース・中級者コース・上級者コースがございます。

この中から一つのコースを選択頂き、月2回または、月4回のどちらかの回数をお選びください。

6回シリーズのレッスン終了後は、そのままの料金で引き続き毎月のレッスンを継続していただけます。



コースの内容について


シュクルのレッスンでは、楽生の皆さんがスムーズにレッスンに馴染んで行けるようなガイドを行います。

その一つに、レッスン初回から6回迄のガイドプログラムをご用意しています。

レッスンを受講される方はまずはこちらの6回のレッスンを受講することをおすすめしています。

 

経験者の方は既にこの内容はできる、知っている、とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、いずれも今後の楽器&音楽を積み上げて行く上での大事な基礎となるものであり、改めて講師の視点からアドバイスを受けることで新たな発見ができるものと考えています。

 

まずは、導入として、是非こちらのプログラムからご受講くださいますよう宜しくお願い致します。

 

 

 




copyright 2013 EXTENSION EXTESION JAPAN SUCRE All rights reserved.