理論レッスン(ジャズ)詳細


■理論(ジャズ)レッスン担当

佐藤有介


大人のジャズスクールベース

1977年、大分県生まれ。広島大学総合科学部修士課程修了。哲学を学ぶ。
ジャズミュージシャンを志し、2003年東京に移住、音楽活動をはじめる。
オーソドックスなジャズ演奏に親しみながらも、枠にとらわれない、自由な活動を展開。
2004年、森丘裕希(p)、海老澤幸二(ds)と、ピアノトリオ「w.a.p’s」
を結成、「wap’step」を録音。西日本ツアーを行う。
2007年、杉丸太一(p)のバンド「p-4k 」に参加、ファーストアルバム「In a special way」
をリリース。計5枚のアルバムをリリースし、2009年から台湾ツアーを3年連続敢行。
2009年、自己のバンドgirafeのファーストアルバムr、「朝のきりん」をリリース。
2014年には2ndアルバム「春のスケッチ」をリリース。
また、2006年から、コーラスグループJammin’Zebのサポートバンドで、コンサート、Jazzフェスティバル(JVC Jazz Festival, Java Jazz Festival,銀座Jazz Festival他)、レコーディング等に参加。現在も安定したサポートを続けている。

過去の共演者:
Jammin’ Zeb(cho)、SUITE VOICE(cho)、三槻直子(vo)、日野皓正(tp)、坂田明(sax)、井上信平(fl)、松島啓之(tp)、山口真文(sax)、三木俊雄(sax)、市川秀男(p)、黒田京子(p)、福田重男(p)、つのだ☆ひろ(vo,ds)、岩瀬立飛(ds)、ジーン重村(ds)、外山明(ds)、渡辺裕之(ds)、Horacio Hernandez(ds)、宮崎信義(g)、赤松敏弘(vib)、はたけやま裕(per)、他。

 


■理論(ジャズ)レッスン担当

中嶋錠二

 

大人のジャズスクールピアノ

1981年11月19日、青森県八戸市出身。 
高校までクラシックピアノを学び、尚美学園大学ジャズ&ポップスコースに入学。
坪口昌恭氏に師事し、ジャズピアノを学ぶ。 
大山日出男、梶原まり子、小杉敏、金子健、藤井学、安藤正則、類家心平、纐纈歩美、国貞雅子、木村由紀夫、Breeze、などと共演。 
自己のトリオをはじめ、『金子健トリオ』、『安藤正則カルテット』、
『類家心平5Piece Band』、Jazz Latin Band『SeptetBungaTropis』、
佐藤有介オリジナルバンド『girafe』などに、レギュラーとして参加している。
(敬称略)
その他にも、尺八や和太鼓などの和楽器との演奏もしている。
現在、都内などを中心に活動中。 



理論(ジャズ)について


すべての楽器、ボーカリストが対象です。 なんとなく感覚でやってきたけど超えられない壁がある… 楽器奏者と対等にコミュニケーションをとりたい… 理論はコミュニケーションツールです。音楽の共通言語を身につけて、自由に会話することを目指します



コース選択について


入会された方はまず、0回目のレッスンとして、ヒアリング・レッスン計画を受講頂きます。

0回目のレッスンを受講後に講師と相談の上、1回目のレッスンからのコースレベルをお選び頂きます。

コースレベルには、 初心者コース・中級者コース・上級者コースがございます。

この中から一つのコースを選択頂き、月2回または、月4回のどちらかの回数をお選びください。

6回シリーズのレッスン終了後は、そのままの料金で引き続き毎月のレッスンを継続していただけます。



コースの内容について


シュクルのレッスンでは、楽生の皆さんがスムーズにレッスンに馴染んで行けるようなガイドを行います。

その一つに、レッスン初回から6回迄のガイドプログラムをご用意しています。

レッスンを受講される方はまずはこちらの6回のレッスンを受講することをおすすめしています。

 

経験者の方は既にこの内容はできる、知っている、とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、いずれも今後の楽器&音楽を積み上げて行く上での大事な基礎となるものであり、改めて講師の視点からアドバイスを受けることで新たな発見ができるものと考えています。

 

まずは、導入として、是非こちらのプログラムからご受講くださいますよう宜しくお願い致します。

 

 

 




copyright 2013 EXTENSION EXTESION JAPAN SUCRE All rights reserved.