STAFF(講師)一覧


■ベースレッスン担当

佐藤有介


大人のジャズスクールベース

1977年、大分県生まれ。広島大学総合科学部修士課程修了。哲学を学ぶ。 
ジャズミュージシャンを志し、2003年東京に移住、音楽活動をはじめる。 
オーソドックスなジャズ演奏に親しみながらも、枠にとらわれない、自由な活動を展開。
2004年、森丘裕希(p)、海老澤幸二(ds)と、ピアノトリオ「w.a.p’s」 
を結成、「wap’step」を録音。西日本ツアーを行う。 
2007年、杉丸太一(p)のバンド「p-4k 」に参加、ファーストアルバム「In a special way」 
をリリース。計5枚のアルバムをリリースし、2009年から台湾ツアーを3年連続敢行。 
2009年、自己のバンドgirafeのファーストアルバムr、「朝のきりん」をリリース。 
2014年には2ndアルバム「春のスケッチ」をリリース。 
また、2006年から、コーラスグループJammin’Zebのサポートバンドで、コンサート、Jazzフェスティバル(JVC Jazz Festival, Java Jazz Festival,銀座Jazz Festival他)、レコーディング等に参加。現在も安定したサポートを続けている。

 

過去の共演者: 
Jammin’ Zeb(cho)、SUITE VOICE(cho)、三槻直子(vo)、日野皓正(tp)、坂田明(sax)、井上信平(fl)、松島啓之(tp)、山口真文(sax)、三木俊雄(sax)、市川秀男(p)、黒田京子(p)、福田重男(p)、つのだ☆ひろ(vo,ds)、岩瀬立飛(ds)、ジーン重村(ds)、外山明(ds)、渡辺裕之(ds)、Horacio Hernandez(ds)、宮崎信義(g)、赤松敏弘(vib)、はたけやま裕(per)、他。

 

ベースレッスンページはこちらから >>

 


■ジャズピアノレッスン担当

中嶋錠二

 

大人のジャズスクールピアノ

1981年11月19日、青森県八戸市出身。 
高校までクラシックピアノを学び、尚美学園大学ジャズ&ポップスコースに入学。
坪口昌恭氏に師事し、ジャズピアノを学ぶ。 
大山日出男、梶原まり子、小杉敏、金子健、藤井学、安藤正則、類家心平、纐纈歩美、国貞雅子、木村由紀夫、Breeze、などと共演。 
自己のトリオをはじめ、『金子健トリオ』、『安藤正則カルテット』、
『類家心平5Piece Band』、Jazz Latin Band『SeptetBungaTropis』、
佐藤有介オリジナルバンド『girafe』などに、レギュラーとして参加している。
(敬称略)
その他にも、尺八や和太鼓などの和楽器との演奏もしている。
現在、都内などを中心に活動中。 

 

ピアノレッスンページはこちらから >>

 


■ドラムレッスン担当

秋葉正樹

 

大人のジャズスクールドラム

1980年東京浅草生まれ。高校時代から打楽器を始める。獨協大学在学中にリズム教育研究所に研究生として在籍。  ドラムを江尻憲和、パーカッションを石川武各氏に師事。ジャンルにとらわれないボーダーレスな活動を展開。  速水けんたろう(団子三兄弟)ファミリーコンサートのドラマーをつとめるほか、川嶋あい、井上あずみ(となりのトトロ)、秋元順子、江崎とし子、民謡歌手の伊藤多喜雄のライブサポートなども担当。また、ジャズピアニストの保坂修平のトリオや外山安樹子トリオのドラマーとして日本各地での演奏も展開している。  演劇、ミュージカルなどの演奏もこなし、その活躍は多岐に渡っている。  ドワンゴクリエイティブスクールでの講師を担当する等、後進の指導にも積極的に活動し、柏でドラムセミナーを開催する他、教育機関での指導経験も豊富である。

ドラムレッスンページはこちらから >>



■ボーカルレッスン担当

西川珠香子

 

大人のジャズスクールボーカルゴスペル

昭和音楽大学音楽学部声楽学科卒業。 在学中、オペラやイタリア歌曲等を学ぶ傍ら、以前から興味のあったラニー・ラッカーのゴスペルワークショップに参加。その迫力に魅了され、ワークショップに参加しながら、仲間達とゴスペルクワイアを結成する。ライブや病院への慰問等積極的に活動開始すると共に、ジャズピアニスト城田有子にJAZZボーカルのスキルも学ぶ。 シャズボーカリスト河原厚子、城田有子が率いるBBBシンガーズでは長年リーダーを務めた。 自身でコーラスグループも結成しパーティ、ブライダルシーンで好評を得ている。 現在、都内・横浜を中心にライブ・パーティなど活動している。


ボーカル/ゴスペルレッスンページはこちらから >>

 

 

■ジャズピアノレッスン担当

松本あかね

 

大人のジャズスクールピアノ

東京都出身。
5才からピアノをはじめる。 高校時代、ジャズピアニストの砂田知宏氏に師事。
2001年、洗足学園音楽大学ジャズ科に入学。 
在学中より、ジャズピアノ奏法を今泉正明氏に師事。
 アンサンブル、作曲、アレンジ、ジャズハーモニーなどを学ぶ。
在学中よりセッションを重ね、ソロピアノを中心に、音楽活動を開始。
2004年、国立音楽大学NEW TIDE JAZZ ORCHESTRAに参加。
第35回 山野ビッグバンドジャズコンテストにて最優秀賞。
同ビッグバンドで東京JAZZ 2004 オープニングアクトを務める。
近年、クラシックピアノを桐朋学園大学、東京音楽大学 ピアノ科講師の 南院紀子氏に師事。
現在、自己のトリオ、グループやセッション、アーティストのサポートなどを中心に活動中。 またCM曲などの作曲、作詞も行っている。

帝京平成大学 現代ライフ学部 児童学科 保育・幼稚園コース 非常勤講師(2013年度より) 伸芽'sクラブ 自由が丘校 ピアノ講師(2015年度より) 洗足学園音楽大学 ジャズコース公認インストラクター

【 主な参加作品 】
NHK Eテレ 「おかあさんといっしょ」1月のうた「いえ イェイ!!」作詞
株式会社ユーキャン ボールペン字「実感コメント」篇CM曲 作曲
カゴメ劇場2013 「らららベジタブル」「トマトのうた」「野菜は大切」作詞
カゴメ劇場2014 「らららベジタブル」「こころに夢を」作詞
PanaHome株式会社「高齢者住宅/介護事業者&地主の想い」篇CM曲 作曲


■サックスレッスン担当

菅野浩 (すがの ひろし)


音楽理論講座 中学入学と同時にブラスバンドでAlto Saxを始める。
明治大学を卒業後、ライブやストリートでの演奏を中心に活動。
一時期Paul Desmond(as)に強く影響される。
様々なミュージシャンらと共演・セッションに参加。
これまでにレギュラーとして参加したバンドは、「Yellow Card Orchestra」「TOKU グループ」「内堀勝 & Big “LUSH” Band」、「辰巳哲也Bay Area Jazz Ensemble」、「羽毛田耕士 Big Band」、 「三塚知貴&Burnin’ Notes Jazz Orchestra」、「三宅裕司&Light Joke Jazz Orchestra」、「Rhizome~PlayTheBeatles」などがある。
その間、小林陽一、大野雄二、内堀勝、宇崎竜童、小沼ようすけ、菅野義孝、菊丘ひろみ、黒船レディと銀星楽団などのCDに参加。

現在、小編成から大編成まで活動の幅は広く、自己のバンド「Totem Pole」「Alto Talks」の他、「in's」「映研」「Gentle Forest Jazz Band」などのバンドでも活動中。
毎週月曜日は、横浜ロイヤルパークホテルのスカイラウンジ「SIRIUS」に自己のバンド「Totem Pole」で出演中。

2010年、初リーダーアルバム「Emily」発売。
2011年、自己のバンド「トーテムポール」でNHK-FM「Session2011」出演。
2011年10月、宮野裕司&菅野浩が双頭リーダーのバンドで、「ALTO TALKS」CD・LP同時発売。
2012年、同バンド「altalk(現・Alto Talks)」でNHK-FM「Session2012」出演。
2013年1月、新国立劇場において日本初演となったバレエ作品「テイクファイブ」(振付:D.Bintley氏)ではDave Brubeck Quartetの名曲を披露。
2014年8月、「LANDMARK BLUE ~ぼくたちのララバイ~」をリリース。
2015年11月、“Alto Talks”2nd Album「Alto Talks With String Sextet」をリリース。

 



 

シュクルは、クレド(サービス方針)に従って皆さんにジャズや音楽をレッスン(サービス)を行う、音楽レッスンサービスです。

音楽日夜ライブが行われているライブハウスやレストラン、バーの中で、実際のライブに近い臨場感を保ちつつレッスンを行うことを基本に、極力レッスンの為のレッスンを行わず、プロのミュージシャンが現場での演奏に即したレッスンを行うことをモットーとしています。

対象は、下記のような方々です。

・音楽をこれからはじめたい楽生(少年、学生、大人)の方
・趣味として音楽を楽しみたい方
・将来プロになりたい方
・プロとして既に活動中で補習や仕事の幅を広げたいとお考えの方



 

 




copyright 2013 EXTENSION EXTESION JAPAN SUCRE All rights reserved.